働き方改革の一環としての「副業」、しかし企業はまだまだ及び腰です。一方興味を持つ社員は増加の一途、優秀な人材も副業市場に参入しています。もちろん世間も放ってはおけません、受け皿は徐々に広がりつつあるのです。収入の不安だけでなく、副業を将来の本業に、またベンチャーとして独立の糧とする。自己実現の選択肢の幅が加わりました。