「税金・確定申告」の記事一覧

仮想通貨の確定申告!利益の確定と移動平均法・総平均法について、取得価額がポイントです

投資・資産 税金・確定申告

「億り人」なる言葉が流行しましたね。一時期には1BTC=200万円を超えたビットコイン。タイミングよく売却して「ぬれ手に粟」億万長者も続出すれば、暴落に泣いた人も数知れず。ただもうけ話には常に税金の問題が絡みます、確定申告の準備はできていますか。ここでは仮想通貨取引における所得計算の基礎知識を取り上げて解説してみます。

【個人事業主必見】確定申告書が無料で作れます!弥生会計「初年度無料キャンペーン」実施中

税金・確定申告

安心でカンタン操作が人気の弥生会計が今「初年度無料キャンペーン」を実施中です。サイトから手続きを済ませば初年度については利用料無料!クラウド型会計ソフトで確定申告書がタダで作成できます!個人事業主さんにとっては見逃せません。次年度については更新の意志が無ければ解約も可能、ソフト導入を検討されている方にも必見の情報です。

アマゾンセラーセントラル から売上データを取り込める「発生主義の記帳」に対応した会計ソフトとは

税金・確定申告

費用や売上、その計上のタイミングについては「発生主義」と「現金主義」といった二つの会計方法があります。確定申告においては発生主義での記帳が基本となるのですが、この違いを事例を使って簡単に説明してみます。また特に物販を行う個人事業者向けに、アマゾンセラーセントラル の売上データを取り込める便利な会計ソフトもご案内します。

損益計算の基本知識!せどりの「もうけ」を計算する、売上原価の求め方と棚卸について

税金・確定申告

物販の場合売上高や入金額だけを見ても、その間に発生した「もうけ」や「利益」は把握できません。損益計算をするには「棚卸」を行い期末在庫金額を確定し、売上原価を算出する必要があります。期中における定期的な損益計算は必須です、そのための基礎知識を。またアマゾン出品の際使える「出品者SKU」を利用した商品管理のヒントをどうぞ。

10万円以上の備品・消耗品を購入したら!減価償却と耐用年数について

税金・確定申告

減価償却とは取得金額10万円以上の減価償却資産は全額経費で計上せず、耐用年数で按分し経費処理することです。減価償却資産・法定耐用年数・取得金額とは何か。また10万円以上20万円未満の減価償却資産は3年間で均等償却も可能であること、そして「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」についてまとめました。

「経費」とはなにか!副業で発生する経費と領収書の取り扱い、家事関連費の計上方法について

税金・確定申告

経費とは収入を得るために要した費用のことです。そしてその証拠となるのが領収書や通帳、クレジットカードの利用明細などです。これらは取引を記録した帳簿とともに保存義務も生じます。ここでは所得計算のポイントとなる経費について、副業で発生しそうな経費を勘定科目別に、また領収書の取扱、「家事関連費」などについてまとめてみました。

雑所得と事業所得!サラリーマンがネット副業で得た所得は「雑所得」です

税金・確定申告

サラリーマンが本業で得ているのは「給与所得」です、そしてネット副業で得た所得は「雑所得」となります。しかし事業所得として申告できれば損益通算や青色申告65万円控除など節税が可能です。このふたつ法律上には区分がなく判断基準もあいまいです。しかし転売やアフィリエイトなどによる所得が「事業所得」として認められるのでしょうか。

確定申告の基礎知識!所得が20万円を超えたなら申告が必要です

税金・確定申告

確定申告とは1月1日から12月31日までの1年間、あなたが稼いだそのお金と、それに対する税額を申告し納税する手続きのことです。ここでは転売やアフィリエイトなでネットで副業を行い、会社の給料とは別の収入を得ている方を対象に、確定申告の概要や収入や経費について、また住民税で会社にバレない方法など基礎知識をまとめてみました。

年末調整と確定申告、副業で稼いだお金にも税金がかかります

税金・確定申告

納税は国民の義務です、あなたの稼いだお金に対しても税金はかかります。ただしサラリーマンのあなたなら、その手続きは会社の担当部署が代行してくれます。しかし副業で稼いだお金にも当然税金はかかります。本業については人まかせでいいのですが、副業についてはそうはいきません、あなた本人がこれを行うのです、これが「確定申告」です。

ページの先頭へ