この章のまとめ
5月1日より新元号となる2019年、長かった平成ともお別れです。また4月には怒涛の10連休、10月には消費税の引き上げも控えています。働き方やおカネ、そして時間の使い方に対しますますシビアな目を向けさせる年でもあり、「副業」への価値観も変わることでしょう。そんな2019年のトレンドを予測してみました。


目次



1.平成との惜別と新元号を祝うムードに包まれて

平成元年は1989年のことでした、当時は昭和天皇の長い闘病生活もあり世の中には「自粛ムード」に覆われていました。しかし、このたびは生前退位による皇位継承であり、最後の日と始まりの日がハッキリと掲げられています。これはかつてなかったこと、「新たな時代の幕開け」も予感され「平成最後の○○」と銘打たれたイベントの開催やカウントダウンも始まります。平成との惜別、そして新元号を祝うムードに包まれることでしょう。





時代の節目、あたらしい時代の空気はチャレンジ精神も高まり、機運もきっと高まるはず。そんな何かを予感させてくれる2019年とはいったいどんな年なのか、ここでトレンドを予測してみましょう。


2.1~2月 「いだてん」と「翔んで埼玉」

トレンドキーワード
  • 1月6日(日)NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」放送開始。
  • 1月7日(月)天皇陛下即位30周年。
  • 2月5日(火)星野リゾートBEB軽井沢開業、気ままでルーズな滞在スタイルのホテルです。
  • 2月中旬(―)丸ノ内線、新型車両2000系運行開始、 2022年度までに53編成318両を導入する予定となっています。
  • 2月22日(金)映画「翔んで埼玉」が公開されます。
  • 2月23日(土)大阪城公園に「クールジャオアンパーク大阪」開業、大・中・小の3劇場を擁する文化集客施設です。
  • 2月24日(日)天皇陛下在位30年記念式典開催、4月30日の天皇陛下の譲位に向けて、国の儀式として執り行う皇室関連行事です。
  • 2月28日(木)スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京が中目黒に日本初出店、プレミアムクラスのコーヒーのみを提供するスターバックスの次世代店舗であり、シアトル・上海・ミラノ・NYに次ぐ世界で5番目のロースタリーとなります。


いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~

金栗四三(中村勘九郎)と田畑政治(阿部サダヲ)
今年のNHK大河ドラマは「いだてん」です。「このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方が変わります!」と銘打たれたこの作品、1964年の東京オリンピックが実現するまでの日本人の「泣き笑い」が刻まれた激動の半世紀を、豪華キャストで描かれたもの。日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と“日本にオリンピックを招致した男”田畑政治(阿部サダヲ)、この2人を中心に描かれます。幕末ものと戦国ものに飽きた方にもおススメです。

映画「翔んで埼玉」公開

累計発行部数62万部突破!の傑作地方ディスマンガ
魔夜峰央(まやみねお)原作「翔んで埼玉」が公開されますね。累計発行部数62万部突破! 傑作地方ディスマンガ、カルト的人気、奇跡の実写映画化です。東京都知事の「息子」白鵬堂学院生徒会長の壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を二階堂ふみが。そしてアメリカ帰り、謎の転校生である麻実麗(あさみれい)をGACKTが演じます。この二人、いつしか惹かれ合ってしまいます。しかし!麻実が埼玉出身という衝撃的の事実を百美が知ってしまい県境で引き裂かれる運命が待っているとは。


同じく東京から迫害を受けてきた千葉県人
東京から虐げられてきた埼玉県人。その埼玉県人が東京入りをするために必要とされた「通行手形」の廃止を求め戦う百美と麗。しかしその前には、同じく東京から迫害を受けてきた千葉県人が対抗勢力として立ちはだかります。一方この両県の東京進出に露骨に不快感をあらわにするのが、東京と親密な間柄を築く神奈川県人。さらには茨城・群馬・栃木といった関東地方一帯の勢力まで巻き込みながら、複雑に織りなす壮大なスケールでこの物語は展開を見せます。


公開が待ち遠しいですね。二階堂ふみが初の男役、またGACKTがまさかの高校生に扮しています。漫画や関連グッツは要チェック、オークションでも注目されそうです。


3.3~4月 「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」

トレンドキーワード
  • 3月16日(土)ムーミンバレーパークが埼玉県飯能市にオープン、ムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見に出会えるテーマパークです。
  • 3月中旬(―)フランススポーツ用品店「デカトロン」阪急西宮ガーデンズ本館に日本初進出します。
  • 4月1日(月)福岡空港が民営化されます、国管理空港の民営化は仙台・高松に続き3例目のこと。また地場連合が優先交渉権者に選定されたのは初めてのことです。
  • 4月1日(月)静岡空港が民営化されます、現在国内6路線、国際5路線が就航していますが、空港の管理・運営会社に出資する三菱地所などから民営化後20年で17路線に増やす目標が掲げられています。
  • 4月4日(木)銀座に日本初「MUJI HOTEL GINZA」がオープンします、宿泊予約の受付は、2019年3月中旬を予定しています。
  • 4月7日(日)「機動戦士ガンダム」TVシリーズ放送開始から40周年、2019年から2020年にかけて「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」が始動します。
  • 4月28日(日)天皇賞(春)、京都競馬場「平成最後」の天皇賞です。
  • 4月30日(火)退位礼正殿の儀、5月からは、天皇陛下が「上皇」、皇后さま「上皇后(じょうこうごう)」となられ、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位を意味する「皇嗣(こうし)」となられます。
  • 4月中にはNHK連続テレビ小説100作目「なつぞら」が放送開始、舞台は戦後の北海道の大自然。日本アニメの草創期をまっすぐに生きたヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の夢、そして愛と感動のドラマです。
  • 4月27日(土)10連休スタート!5月6日(月)まで、2019年に限り祝日法の規定により10連休となります。


Oculus Quest(オキュラス クエスト)が発売されます

ハイグレードなVR体験が実現
発売日は未定ですがこの時期(春頃)「Oculus Quest」が発売予定となっています。OculusからはすでにPCやスマートフォンを使わなくても、装着するだけでVR体験が可能となるディバイス「Oculus Go」が発売されています。しかし新たに発売されるQuestには6DoFのトラッキングが搭載されており、ケーブルレスでありながらハイグレードなVR体験が実現することになります。


真っ黒なメガネのことを「HMD」といいます
ちなみにVRとは「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略ですね。仮想現実ともいわれますが、コンピュータでつくられた三次元空間をシミュレーション技術を応用して疑似体験できるようにしたものです。若い連中が真っ黒な水中眼鏡のようなものをかけ、なにやら意味不明に楽しそうにしている画像や動画をご覧になったことがあるはずです。このメガネのことを「HMD」といいます。ついでにこれは「head mounted display」の略です。


VR体験とはこのHMD(メガネ)などの専用デバイス(電子部品や装置)を装着することで、「コンピュータで作られた仮想空間の中にいるかのような体験を楽しむこと」と覚えておきましょう。わかりますか、もう少し続けます。


DoFとはなんですか、これは「自由度」のことです
DoFは「Degree of Freedom」の略称です、直訳すれば「自由度」です。そしてこのVRにおけるDoFには「3DoF」と「6DoF」があります。この3とか6とは、VR体験において対応できる動きの方向の数を示します。あまり難しいことは考えず数字が大きい方が、より生々しい空間を楽しめると思ってください。なんでも6DoFになると目の前に広がる仮想空間内を歩き回れ、映し出される人や物などに近づいていくといったリアルなこともできるのだとか。


そしてこの「Oculus Quest」にはまさにこの6DoFが搭載されているのです。これでゲームを楽しんだらどんなに楽しいことか!あなたもおひとついかがですか。





4.5月 「新元号」

トレンドキーワード
  • 5月1日(水)皇太子さま即位、新元号へ。「平成」に代わる新たな元号は4月1日以降に公表されるようです。


2019年には天皇誕生日がありません

システム改修や書類の更新に迫られます
新たな元号は4月1日以降に公表される見通しです、この事前公表は改元に伴う国民生の混乱を避けるため当然必要です。政府の見解では、自治体や企業のシステム改修や書類の更新に「1か月程度は必要」(菅官房長官)と見たようです。しかしシステム改修がたったの1カ月で本当に間に合うのでしょうか。相当な短期間で迫られることになりそうです、現場からは悲鳴も聞こえてきそうですね。


平成31年 (2019) 暦要項を見ると
現皇太子さまのお誕生日は2月23日です。ただ即位されるのが5月の1日であるので2019年のこの日はまだ「平日」です。また即位されれば同じく12月23日は平日に戻ります。2018年2月1日付、国立天文台「平成31年 (2019) 暦要項」を見ると12月23日の天皇誕生日が存在していないことがわかります。(詳しくはこちらを


ただし怒涛の10連休がもたらされました
2019年は1948年の祝日法の施行以来、天皇誕生日がない初めての年となるのです。ただし皇太子さまが新天皇に即位される5月1日と、新天皇即位を公に示す「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は2019年に限り祝日となります。これによって2019年に怒涛の10連休がもたらされました。もちろんこれは2019年に限った話です。


6月~夏 「5G」のプレサービスが開始されます

トレンドキーワード
  • 6月28日大阪でG20サミット開催、29日まで、会場は大阪国際見本市会場です。
  • 夏には東京ディズニーシーに新アトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」がオープンします。シミュレーター型ライド、ハングライダーで世界中の名所や大自然などを上空から見下ろせます。 目の前いっぱいの大型スクリーン、足はブラブラ状態なので臨場感も迫るものがあります。
  • 夏から夏以降にかけ「5G」のプレサービスが開始されます。


5Gとはなにか、「第5世代移動通信システム」のことです

Gは「Generation」の略です
5G、この意味が分かりますか。Gは「Generation」の略、世代のことですね。携帯電話には第1世代から第4世代まであったのですが、このたびさらに進化を遂げた次世代の移動体通信の通信方式や携帯端末の通称のことです。世代交代ですね。ちなみにこの5Gには5つの呼び名があります。

・ 第5世代携帯電話
・ 第5世代移動通信
・ 第5世代移動通信方式
・ 第5世代移動通信システム
・ 第5世代モバイルネットワーク


5Gの要求条件とは
さらにその特徴は何と言っても通信速度でしょうか、アナログの第一世代を自転車とすれば5Gは飛行機くらいの違いなのだそうです。また、

・ 大容量化
・ 高速通信
・ 低遅延化・高信頼性
・ 超多数端末の同時接続
・ 低コスト化・省電力化

5Gの要求条件は以上の通り幅広いものとなっています。5G時代に想定されるさまざまなサービスは、無線サービスの拡張や多様化、そしてあらゆるモノが無線でつながるIoT、この2つのトレンドに大別することができそうです。





6.9月~ 「消費税」が10%に引き上げされます、ポイントは軽減税率

トレンドキーワード
  • 9月12日(木)The Okura Tokyoがオープン、「ホテルオークラ東京」が改名、リニューアルします。
  • 9月20日(金)ラグビーワールドカップ開催、11月2日(土)まで。4年に1度行われる15人制ラグビー世界王者決定戦、夏季オリンピック、FIFAワールドカップと並ぶ世界三大スポーツイベントのひとつです。
  • 10月1日(火)消費税10%に引き上げ、同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。
  • 10月22日(火)即位礼正の儀 祝賀御礼の儀(パレード)、この日はこの年に限り祝日となります。
  • 10月中旬(―)楽天、通信キャリア(MNO)として携帯電話事業に参入、プレスリリースでは「低廉で利用しやすい携帯電話の料金を提供する」とありますね。
  • 11月22日(金)アナと雪の女王の続編、「フローズン2」が全米公開されます、ただ日本公開日はいまのところ未定です。
  • 11月30日(土)新国立競技場完成予定です。すったもんだしましたがシンプル&コスト削減が掲げられ、収容人数は8万人となっています。


軽減税率のポイント

「再々延期説」もないわけではないようなのですが
2014年4月、8%に引き上げられた消費税ですが、本来は2015年10月をもって10%にさらに引き上げられる予定でした。しかし諸事情から2度にわたって増税は先送りされてきました。「再々延期説」もないわけではないようなのですが、今年8月27日に財務省内で開かれた主計官会議において、麻生太郎副総理兼財務相からも消費税率10%引き上げ可能な状態にあることが強調されたようです。


特定の品目に対しては8%が依然適用されます
このまま10%に増税された場合はどんな影響があるのでしょう、例えば会社の会計処理において面倒なのが「経過措置」による旧税率と新税率の混在でしょう。ただこれはかつて3%、5%と二度改正を経験してきたことであり、対応で混乱を招くことはないでしょう。ただ今回は「軽減税率」が適応されますね。もちろんこれは家計にも影響を及ぼします。「日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する」という考え方に基づき、特定の品目に対しては8%が依然適用されます。


同じ「そば」でも出前でたのめば8%です
軽減税率において対象となる品目は、

  1. 酒類・外食を除く飲食料品
  2. 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

なのですが、特に「外食」については注意が必要です、ここで整理してみましょう。

 消費税8%消費税10%
牛丼屋やハンバーガー店テイクアウトをした場合店内で飲食した場合
コンビニお弁当や総菜を買って持ち帰る場合(イートインコーナーがある場合でも、持ち帰りとして購入するときは軽減税率が適用)イートインでの飲食を前提に購入した場合(たとえばトレイにのせて座席まで運ばれる、返却の必要がある食器に盛られた食品)
屋台・フードコートいすやテーブルなどの飲食用の設備のない屋台での飲食フードコートでの飲食
給食・ ケータリング有料老人ホーム等での飲食料品の提供、学校給食等ケータリング・出張料理等
そば屋・ピザ屋出前・宅配の場合店内で飲食した場合

店で食べれば10%、持って帰れば(出前を取れば)8%、標準税率と軽減税率の2つの税率が混在します。スーパーやコンビニなどでは値札はどうなるのでしょうか、まさか対象商品全品に2枚ずつ貼り付けるわけにもいきません。またレジスターもそれなりのシステム対応が必要です。請求書のフォームについても、軽減税率の対象であることが明らかになるよう「軽減税率対象」などと記載敷しなければならないようです。なかなか悩ましいですね。







7.新しい時代の風に乗りましょう!

以上これといった根拠もなくあれこれ並べてみました、もちろんもっとトレンドなこともあることでしょう。ただ10連休や消費税引き上げなど、消費の変化は働き方やおカネ、そして時間の使い方に対しますますシビアな目を向けさせます。「副業」への価値観も変わることでしょう。







氾濫する一方の情報といかに向かい合うのかも問われそうですね。ただ、目的は「豊かな人生を送ること」です。元号も変ります!チャレンジ精神を発揮して、新しい時代の風に乗りましょう!


スポンサーリンク







合わせてどうぞ!