納税は国民の義務です
副業で稼いだお金に対しても税金はかかります、だから申告と納税が必要です。サラリーマンの場合なら、本業での稼ぎ分は担当部署がこれを代行してくれます、この作業が年末調整です。ただし副業についてはあなた本人が行うのです、これが確定申告です。


【1】年末調整とは何か、わかりますか

1-1.年の瀬恒例の作業です

納税は国民の義務です。そしてあなたの稼いだお金に対しても当然税金はかかります。ただしサラリーマン一筋のあなたであれば、その手続きは会社の担当部署の方がすべて代行してくれます。あなたのすることは「〇〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に必要事項を記入し、保険会社から送られてきた「生命保険料控除証明書」などを添えて提出するだけです。


これは年の瀬になると恒例のことなので「ああ、あれのことか」と頷かれるのではないでしょうか。しっかりと提出期限は守りましょう。そして勤務先によって多少異なるのでしょうが、12月の下旬、給料日前後になると「還付金」としていくらかのお金が返ってきます。

1-2.なぜお金が戻ってくるのですか

還付金の額は毎年せいぜい数万円、でもこれがなかなかうれしいものなのです。しかしなんでここでお金が戻ってくるのでしょう、説明できますか。極端な話になりますが、このお金は会社からもらえるものだと思って感謝している男もいました。


まず年末調整とは何か、またなんでお金が返ってくるのか、また場合によってはなんで徴収されるのかを解説してみます。



【2】まずは源泉徴収の基礎知識から

2-1.15万!いっぺんにそんなに払えません

年末調整は所得税を納付するためのものです。サラリーマンであるあなたは税法上は「給与所得者」でありパートやアルバイトも基本的にはこれに該当します。前述の通り給与所得者の場合、雇用主である会社があなたの一年間(1月1日~12月31日)の収入から税金を計算し税務署へ申告・納税を代行してくれます。


ただ12月の給料が確定しなければその年の収入も確定せず納税額も計算できません。たとえば、その年の給料も確定し、あなたの所得税を計算したら15万円であったとします。でもどうでしょう、いきなり15万円も払えますか。

2-2.源泉徴収、天引きし積み立てるもの

ここで登場するのが「源泉徴収」です!この言葉も聞いたこともあるのはないでしょうか。かんたんに言えば「扶養控除等(異動)申告書」に記入された情報から扶養親族の数や、社会保険料などを控除後、確定するであろうあなたの所得税を予想し1月の給料から少し多めに天引きして積み立ててておくものです。


たとえば所得税が15万円くらいだろう、と予想したら

  • 15万円÷12カ月=毎月1万2千5百円を天引き

ではなく

  • 18万円÷12カ月=毎月1万5千円を天引き

このように1月から12月にかけ、やや多めに毎月の給料から所得税分をせっせと差っ引くわけです、これが源泉徴収です。

2-3.還付金とは差額の精算です

こうして毎月差っ引かれた源泉所得税は、翌月の10日を期限にしっかり国に納められています。そして12月になり、年収や控除などすべてが確定したら差額の精算を行うわけです。


上記の場合ですと確定した所得税が予想通り15万円であれば、天引きした18万円の差額3万円があなたの手元に帰ってきます、これを「還付金」と言います。

したがって、たとえばあなたの年収が極端に増えたり、不幸にも離婚でもされ配偶者控除が受けられなくなったりした場合、逆に徴収されることも考えられるわけです。




>

【3】「漏れなく徴収」それは見事なシステムです

3-1.そのからくりとは

「年末調整とは雇用主が従業員の一年間の給与から税金を計算し、すでに給与から天引きしている所得税額の合計額から精算することで納税が完結する仕組み」まとめていえばこうなるのでしょうか。簡単な説明ですがこれが年末調整のからくりです。

3-2.「とーごさんぴん」

ところで「とーごさんぴん」って聞いたことがありますか。これはどの程度の正確さで自分の所得を税務署に把握されているのかを表した言葉です。

★ とー:サラリーマン10割 
★ ご :個人事業主5割
★ さん:農林水産従事者3割
★ ぴん:政治家1割



となるのですが、どうですか。サラリーマンは所得のごまかしようがないのです、国からしてみれば税金の「取りっぱぐれ」がありません。納税は国民の義務です、年末調整とはサラリーマンに対し漏れなくその義務を全うさせる、それは見事なシステムなのです。



【4】副業で得た所得!申告と納税を行うのはあなたです

4-1.人まかせでははいけません

本業については人まかせでいいのですが、副業についてはそうはいきません。年末調整と同じように、1年間で稼いだお金に対し、税金を納めなければならないことに変わりはないのです。ただし副業の場合、あなた本人がこれを行うのです、あなた自身が稼いだお金やそれに要した費用から計算し、申告と納税を行います、これが「確定申告」ですね。

4-2.副業とはいえビジネスに変わりはないのですから

知らず知らずのうちに税金を支払わされ、自分で計算することもないせいか、サラリーマンの納税意識や関心は薄くなりがちです。しかし確定申告と言われても、税額計算などむずかしい、めんどくさい、誰かにやってもらえばいい、などと思ってもここでは通用しません。

稼ぐこと(売上)と同じくらい経費や利益、そして税金にもシビアになりましょう、副業とはいえビジネスに変わりはないのですから!



合わせてどうぞ!